金融派生商品とも

【用語】外貨預金というのは銀行が取り扱う外貨建ての商品。外国の通貨によって預金する。為替の変動によって発生する利益を得られるけれども、同時に差損が発生するというリスクもある(為替リスク)。
銀行を意味するバンク(bank)について⇒イタリア語のbanco(机、ベンチ)という言葉に由来するもので、ヨーロッパでもっとも長い歴史を持つ銀行には驚かされる。15世紀の初め豊かなジェノヴァ共和国で設立したサン・ジョルジョ銀行なのです。
【解説】デリバティブって何?これまでの伝統的な金融取引または実物商品・債権取引の相場が変動したためのリスクを退けるために実用化された金融商品の呼び名でして、とくに金融派生商品ともいわれる。
保険⇒想定外に発生する事故によって生じた財産上の損失を最小限にするために、制度に参加したい多数の者が少しずつ保険料を出し合い、集まった積立金によって不幸にも事故が発生した者に保険金を給する仕組みなのだ。
平成10年6月のことである、当時の大蔵省金融部局(銀行局や証券局等)が所掌していた事務のうち、民間金融機関(民間資本によって運営される銀行等)等の検査・監督に係るものを分離することで、総理府(省庁再編後に内閣府)の内部部局ではなく外局(府省のもとに置かれ、特殊な事務、独立性の強い事務を行うための機関)として金融監督庁というこれまでになかった組織を発足させたという流れがあるのです。
保険業法(改正1995年)の定めに則り、保険を取り扱う企業は生命保険会社あるいは損害保険会社、2つのうちどちらかに分かれ、いずれの場合も内閣総理大臣による免許(監督および規制は金融庁)を受けている会社のほかは経営できないという規則。
西暦1998年12月のことである、当時の総理府の内部部局ではなく外局として大臣を長と定める新しい組織である金融再生委員会を設置し、現在の金融庁の前身である金融監督庁は平成13年1月に金融再生委員会が廃止されるまで、その管轄下に3年弱配されたのだ。
【用語】ペイオフとは何か?予測不可能な金融機関の経営の破綻の際に、金融危機に対応するための法律、預金保険法に基づき保護しなければならない個人や法人等の預金者の預金債権につき、預金保険機構が法に基づく給付として預金者に直接支払を行う事なのです。
民営化されたゆうちょ銀行から提供されるサービスの多くは郵便貯金法(昭和22年-平成19年)に定められている「郵便貯金」ではない。銀行に関して規定する法律である銀行法(昭和56年6月1日法律第59号)での「預貯金」に準ずる商品です。
【解説】バブル経済(80年代から91年)って何?時価資産(例えば不動産や株式など)の取引金額が度を過ぎた投機によって実体の経済成長を超過しても高騰し続け、ついに投機によって持ちこたえることができなくなるまでの状態を指します。
【解説】外貨MMFってどういうこと?現在、日本国内で売買可能な外貨建て商品のことである。外貨建ての商品でも外貨預金と比べて利回りがかなり高いうえ、為替変動による利益も非課税だという魅力がある。興味があれば証券会社で購入しよう。
重要。「金融仲介機能」、「信用創造機能」そして3つめの「決済機能」、これら3つの機能をセットで銀行の3大機能と称することが多く、基本業務である「預金」「融資(貸付)」「為替」だけでなくその銀行自身の信用によって機能しているものなのだ。
知ってい置きたい言葉「銀行の運営なんてものはその銀行に信用があってうまくいく、もしくは融資するほど価値があるとは言えない銀行だと認識されて繁栄できなくなるかだ」(米モルガン・スタンレー、ローレンス・マットキン氏)
【用語】スウィーブサービスはどんな仕組み?銀行の普通預金口座と証券取引口座(同一金融機関・グループの)の間なら、株式等の購入資金、売却益が両口座で自動的に振替えられる有効なサービス。同一金融グループ内での顧客の囲い込み戦略です。
普段使っているバンクという言葉はイタリア語のbanco(机、ベンチ)という単語に由来する。ヨーロッパ一古い銀行はどこなのか?今から約600年前にジェノヴァ(現在のイタリア北部)で設立し、コンスルたちに運営されたサン・ジョルジョ銀行なのである。

広告を非表示にする

廃止された郵便貯金法

一般的にペイオフについて。唐突な金融機関の破産・倒産をしたことによって、金融危機に対応するための法律、預金保険法の定めにより保護可能な預金者(自然人又は法人並びに権利能力なき社団・財団)の預金債権)に対して、預金保険機構が保険給付として預金者に直接支払を行う事なのです。
実は我が国の金融市場の競争力を強化する為に行われる規制緩和だけではなく、金融規制の質的な向上の実現のための試みを促進する等、市場と規制環境の整備が常に進められているのであります。
きちんと知っておきたい用語。デリバティブっていうのはこれまで取り扱われていた金融取引または実物商品や債権取引の相場変動を原因とする危険性を退けるために実現された金融商品の大まかな呼び名でして、金融派生商品という名前を使うこともある。
簡単に?!ペイオフとは?⇒予測できなかった金融機関の経営破綻が起きた場合に、預金保険法で保護しなければならない預金者(法人・団体も含む)の預金債権(預金保険法の用語)に、機構が預金保険金の給付として預金者に直接支払を行う制度である。
小惑星探査機「はやぶさ」の帰還が話題になった2010年9月10日、日本振興銀行が信じられないことに破綻しました。こうした事態に、はじめてペイオフ預金保護)が発動し、全預金者のうち3%程度とはいうものの数千人が、上限額の適用対象になったと推測されている。
そのとおり、第二種金融商品取引業者(第一種業者とは取り扱い内容が異なる)がファンド(投資信託などの形態で、投資家から 委託を受けた資金の運用を投資顧問会社等の機関投資家が代行する金融商品)を開発し、それを適切に運営するためには、とてつもなくたくさんの、業者が「やるべきこと」、それともちろん「やってはいけないこと」が規定されているわけです。
紹介のあった、第二種金融商品取引業者(第一種業者も当然だが)が投資信託などファンドを開発し、それをうまく運営するためには、本当に想像できないほど数の、業者が「やるべきこと」、それともちろん「やってはいけないこと」が法律等により定められております。
西暦1998年6月、大蔵省(現在の財務省)銀行局や証券局等の所掌業務のうち、民間金融機関等の検査・監督に関する部分を分離・分割して、旧総理府の内部部局ではなく外局として位置付けられた金融監督庁(のちの金融庁)をつくったのです。
おしゃるとおり「重大な違反」にあたるのかあたらないのかは、金融庁において判断するもの。たいていの場合、細かな違反がだいぶあり、その作用で、「重大な違反」判断を下すのである。
知っておきたい用語であるMMF(マネー・マネジメント・ファンド)は、公社債や償還まで1年以内のいわゆる短期金融資産で運用して利益を求める投資信託のことを言います。注意すべきは取得からすぐ(30日未満)に解約した場合、もったいないけれど手数料に違約金分も必要となることを知っておこう。
麻生内閣が発足した2008年9月のことである。アメリカの大手投資銀行グループ、リーマン・ブラザーズが破綻(倒産)したというニュースがアメリカから発信された。これが発端となってその後の世界の金融危機の引き金になったことから「リーマン・ショック」と呼ぶようになったのだ。
結局、「重大な違反」なのか違うのかは、監督官庁である金融庁が判断をすること。一般的なケースでは、取るに足らない違反がたくさんあり、その効果で、「重大な違反」評価するということ。
一般社団法人 日本損害保険協会は、日本国内の損害保険業、そして協会員の健全な進展そして信用性を増進させることを図り、これにより安心・安全な社会を実現させることに寄与することを目的としている。
いわゆる外貨預金というのは銀行で扱っている資金運用商品のことで、外国の通貨で預金する商品。為替レートの変動で利益を得られる反面、同じ原因で損をするリスクもある(為替リスク)。
よく聞くMMF(マネー・マネジメント・ファンド)とは、公社債国債社債など)や短期金融資産で主に運用される投資信託(投資家の資金を集めて専門家が運用する)という仕組み。気を付けよう、取得からまもなく(30日未満)に解約するような場合、実は手数料に違約金が課せられるというルール。

金融に関する制度

紹介しよう「銀行の経営がどうなるかはその銀行に信用があって順調に進むか、そうでなければ融資するほど価値がない銀行であると見立てられて失敗するかの二つしかない」(モルガン・スタンレー、ローレンス・マットキン氏の言葉を引用)
知ってますか?外貨両替とは何か?例えば海外旅行にいくときもしくは手元に外貨をおく必要がある際に利用する商品。ここ数年、円に対して不安を感じているのか、外貨を現金で保有する場合も増えている。気をつけなければならないのが、為替手数料はFX会社と銀行で大きく異なる点である。
よく聞くコトバ、バブル経済(日本では80年代から)ってどういうこと?市場価格の動きが大きい資産(例:不動産や株式など)が取引される価格が過度の投機により本当の経済の成長を超過してもさらに高騰し続け、ついに投機による下支えができなくなるまでの状態を指します。
はやぶさ」の帰還が話題になった2010年9月11日、日本振興銀行が突如破綻せざるを得なくなった。この破綻によって、このときはじめてペイオフ預金保護)が発動したのである。このとき3%(全預金者に対する割合)程度、それでも数千人の預金が、上限額適用の対象になったと思われる。
15年近く昔の平成10年6月、大蔵省の金融部局である銀行局や証券局等の所掌していた事務のうち、民間金融機関等の検査・監督事務のセクションを分離して、当時の総理府の内部部局ではなく外局のひとつ、のちに金融庁となる金融監督庁が設置されたとい事情があるのだ。
よく聞くコトバ、スウィーブサービスの内容⇒普通預金と証券取引口座(同一金融機関・グループの)、2つの口座の間で、株式等の購入・売却代金などが手続き不要で振替される有効なサービスである。同一金融グループによる優良顧客囲い込み戦略ということ。
有名な言葉「銀行の経営というものはその銀行に信頼があって繁盛する、もしくは融資する値打ちがない銀行だと断定されて失敗するか、どちらかだ」(モルガン・スタンレー、ローレンス・マットキン氏の言葉を引用)
【用語】金融機関の(能力)格付けっていうのは、信用格付機関(ムーディーズなどが有名)が金融機関だけではなく国債を発行している政府や、社債を発行している企業、それらの信用力や支払能力などを一定の基準に基づき評価します。
普通、すでに株式公開している上場企業であったら、企業活動を行う上で、資金調達が必要なので、株式上場のほかに社債も発行するのが普通。株式と社債の一番の大きな違いは⇒返済する義務の有無と言える。
小惑星探査機「はやぶさが話題になった2010年9月12日、日本振興銀行が破綻(倒産)という事態に陥った。そして、史上初のペイオフが発動することになった。これにより全預金者のうちの3%程度ながらも数千人を超える預金者の預金が、上限額適用の対象になったのだと考えられている。
きちんと知っておきたい用語。ロイズっていうのは、ロンドン中心部のシティ(金融街)にある規模・歴史ともに世界有数の保険市場を指すと同時にイギリス議会による制定法により法人であるとされた、ブローカーおよびそのシンジケート(団体や組合)を会員としている保険組合そのものを指す場合もある。
聞きなれたバンクは実はイタリア語で机やベンチを意味するbancoに由来との説が有力。ヨーロッパ最古とされている銀行にはびっくり。15世紀の初め現在のイタリア北部のジェノヴァで誕生したサン・ジョルジョ銀行であるという。
【解説】保険:突然起きる事故が原因で発生した財産上(主に金銭)の損失に備えて、同じような多数の者が一定の保険料を出し合い、集まった積立金によって予測不可能な事故が発生した者に保険金を支給する制度である。
結局「金融仲介機能」並びに「信用創造機能」と「決済機能」以上の3つの機能のことを銀行の3大機能と呼び、「預金」「融資(貸付)」「為替」の基本業務だけでなく銀行そのものの信用によってはじめて実現できているものなのである。
1946年に設立された一般社団法人日本損害保険協会は、主として日本の損害保険業界の正しく良好な発展、加えて信用性を増進させることを図る。そして安心・安全な社会の形成に役立つことを協会の事業の目的としているのです。

広告を非表示にする

よく聞くコトバ

預金保険法に基づき設立された預金保険機構が一定額までの預金保護のために支払う補償最高額は"決済用預金を除いて預金者1人当たり1000万円"ということ。この機構は政府そして日銀合わせて民間金融機関全体の三者ががほぼ同程度の割合で
このことから安定的であるだけではなく活気にあふれた新しい金融に関するシステムを実現させるためには、民間企業である金融機関及び行政(政府)がそれぞれが持つ課題を積極的に解決しなければいけない責任がある。
千代田区に本部を置く日本損害保険協会は、日本国内の損害保険業と協会員の正しく良好な発展ならびに信用性のさらなる向上を図り、これによる安心であり安全な社会を実現させることに役立つことを協会の事業の目的としている。
西暦2010年9月10日、日本振興銀行(現在の商号は日本振興清算株式会社)が経営破たんしたのある。この件で、ついに未経験のペイオフ預金保護)が発動したのである。このとき全預金者のうちの3%程度とはいうものの数千人が、上限適用の対象になったのだと考えられている。
要は「金融仲介機能」並びに「信用創造機能」と「決済機能」、この3つの機能をよく銀行の3大機能と称することが多く、銀行の本業である「預金」「融資(貸付)」「為替」、最も大切なその銀行の持つ信用力によってはじめて実現できていることを知っておいていただきたい。
抑えておきたいポイント。株式についての基礎。社債などと異なり、出資証券(有価証券)なので、株式を発行した企業は出資した株主に対して出資金等の返済に関する義務はないと定められている。またさらに、株式は売却によって換金する。
平成20年9月のこと。アメリカで大手投資銀行であるリーマン・ブラザーズが突如経営破綻したのです。このニュースがその後の全世界を巻き込んだ金融危機の原因になったためその名から「リーマン・ショック」と呼ばれたのである。
千代田区に本部を置く日本損害保険協会は、日本における損害保険業及び会員である会社の順調な発展と信頼性を増進させることを図り、これによる安心で安全な世界の形成に役割を果たすことを目的としているのだ
【解説】ロイズって何のこと?イギリスのロンドンの世界的に有名な保険市場なのである。またイギリスの制定法により法人化されている、ブローカー(保険契約仲介業者)とそのシンジケート(団体や組合)が会員の保険組合を指す場合もある。
【解説】スウィーブサービスとは何か?銀行の預金口座と(同一金融機関・グループの)証券用の取引口座の間で、株式等の資金や利益などが自動的に振替されるぜひ利用したいサービス。同一金融グループによる顧客囲い込み作戦ということ。
いわゆるバブル経済(バブル景気・不景気)の内容⇒不動産や株式などといった時価資産が取引される価格が度を過ぎた投機により実体経済の本当の成長を超過してなおもありえない高騰を続け、ついに投機による下支えができなくなるまでの経済状態を指します。
保険ってなに?保険とは防ぐことができない事故によって生じた主に金銭的な損失の対応のために、制度に参加したい多数の者が少しずつ保険料を出し合い、集まった資金によって予想外の事故が発生した際に保険料に応じた保険金を給付する仕組みである。
きちんと知っておきたい用語。外貨MMF⇒例外的に日本国内でも売買してもよい外貨商品。外貨建ての商品でも外貨預金と比較して利回りがずいぶん良い上に、為替の変動による利益は非課税であるというメリットがある。証券会社で購入する。
こうして日本の金融・資本市場における競争力を強化する為に進められた規制緩和だけではなく、金融制度の更なる質的向上を目指すこととした活動等を実行する等、市場環境と規制環境の整備がどんどん進められていることを知っておきたい。
まさに世紀末の西暦2000年7月、旧大蔵省より大蔵省が行っていた金融制度の企画立案事務も移管し金融監督庁というまだ歴史の浅い組織を金融庁(現金融庁とは異なる)に組織を変更。翌年の2001年1月、金融再生委員会は省庁再編により廃止し、内閣府直属の外局となったのである。

バサラエッセンス

広告を非表示にする